学校の魅力

重ねた手

女性は日頃から「美」を求めて努力を行っています。「美」を追求するために欠かせないのが、爪の美しさです。最近では、ネイルアーティストに転職を目指す女性が増えてきています。
その中でも人気が高い資格は、一般財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNE)主催の「ネイル技能検定」です。
「ネイル技能検定」には、階級として1~3級があり、受験資格は中学校を卒業していること、1・2級の受験は受験階級より下の階級を取得していることが条件となります。
試験内容は、「筆記試験」と「実技試験」の二種類あります。「筆記試験」では、衛生と消毒、爪の構造、ネイルの手順などが問われる内容になります。「実技試験」とは、ネイルケアやカラーリングなどを行います。

一般的には、スクールや専門学校に通い資格を取得するための勉強を行います。しかし最近では、スクールや専門学校に通うよりも短時間で資格が取得することが出来る、通信講座が流行っています。
テキストやDVDだけで学ぶことが出来る講座は、5万円前後での受講が可能です。ただし、実際にネイルを行うために必要な教材が付属していないことが多いため、全て揃えると費用が増える場合があります。
テキストやDVDだけでなく、資格取得のために必要な教材も含まれる講座は、10~20万での受講が可能です。
資格を取得するまで受講可能なサポート体制も整っているため、受講料は割高になります。通信講座を選ぶ際は、受講料だけで選ぶのではなく、教材内容も考慮しながら選んでいくと良いです。